ギターリスト必須エフェクター「FUZZ(ファズ)編」


エフェクターが生まれた=ファズの誕生

現在では歪み系の主流になっている「オーバードライブ」や「ディストーション」に先がけて1960年代に登場した「ファズ」。

ファズって聞いただけで涎が出るギターリストも多く存在するくらい愛されるエフェクター。

最も有名なファズを見てみたいと思います。

FUZZ
画像:Effectivy Wonder Pedalsより

FUZZ FACE

動画:Youtubeより

ジムダンロップ社製の「ファズ・フェイス」は超有名なファズ。

円盤型の形をしており、かなり大きめです。なのでエフェクターボードの上では邪魔者以外の何物でもなく、その歪みの強烈さにより、使いこなすのに一苦労の代物。

けれども現在では、FUZZ FACE miniなるものが販売されており、その機種も5機種から選べます。

それぞれに音の特徴があるので、要試聴ですな!!

動画:Youtubeより

electro-harmonix Big Muff

動画:Youtubeより

FUZZって言ったらこれかなー。太い太い太い音。

ディストーション的な歪みも再現できるし、潰れたファズサウンドも秀逸っす。ロングサスティーン、低音の迫力、全部いい。

カート・コバーンやジョン・フルシアンテも使ってましたよね。たしか、、、、

ちなみに、これも小っちゃくなったモデルが存在します。

そんで、ロシア製のGreen Russian Big Muffなるモデルもあり。

動画:Youtubeより

Z.VEX FUZZ FACTORY

動画:Youtubeより

なんだかよくわかりませんが、Fuzz Faceの回路に別のトランジスタを加えたことで、ブチブチと途切れるあのFUZZサウンドが出来上がったとか、、、

気温によっては、温められたり冷やされたりすることで音が変わるとか、、、

あっためられるとより歪むとは聞きますが、、、どうなのかな、、、

以上が超有名FUZZエフェクターでした。

これ使って、ジミヘンになれるかな。なれねーよってね。

動画:Youtubeより

無料&有料のおすすめ音楽配信サービス一覧!!はこちら。


あわせて読みたい

コメントを残す