北朝鮮の国家予算と弾道ミサイルの価格


2017/11/29北朝鮮がミサイルを発射

今朝3:18頃に北朝鮮がミサイルを発射。青森県沖の排他的経済水域に落ちたそうです。

北朝鮮がミサイルを発射するのは75日ぶりとのことですが、北朝鮮のミサイルって、無限に撃ち続けられるのでしょうか?

そもそもミサイル1発にかかるお金って?北朝鮮の懐具合って?調べてみました。

排他的経済水域
画像:コトバンクより

 

 

北朝鮮のミサイルにかかる金額

※あくまで推計とのことです。

〇スカッドミサイル(短距離弾道):約2~5億円
※北朝鮮が他国に輸出する際の「販売価格」。
※発射する際のコストが1億8000万円という推算もあります。

〇ノドン(中距離弾道):約3億5000万円
※韓国のニュースによれば、韓国政府の筋から出た発射コストの推算とのことです。

〇ムスダン(中距離弾道):約13億~17億5000万円
※韓国のニュースによれば、韓国政府の筋から出た発射コストの推算とのことです。

〇テポドン2改(長距離弾道):約840億円
※朝日新聞のよれば、昨年4月の発射実験失敗の際の韓国政府による推算とのことです。

テポドン2改
画像:恐らくそれは役に立たないミリタリー知識より

テポドンが高価なことがわかりますが、ちょっと一般の方が手にする金額ではないのでイメージが湧きづらいです。

なので、北朝鮮の懐具合も調べました。

 

北朝鮮の国家予算

2013年
歳入 6,699,670,000北朝鮮ウォン(約829,775,575円)
歳出 6,559,820,000北朝鮮ウォン(約812,454,705円)
+17,320,870円

2014年
歳入 7,099,560,000北朝鮮ウォン(約879,303,232円)
歳出 6,979,220,000北朝鮮ウォン(約864,398,737円)
+14,904,495円

2015年
歳入 7,362,250,000北朝鮮ウォン(約911,838,229円)
歳出 7,363,080,000北朝鮮ウォン(約911,941,027円)
-102,798

※2017/11/29現在のレートは、1円=8.06755北朝鮮ウォンです。

北朝鮮の国家予算をドル換算すると、約7500万ドルになるらしいです。とにもかくにも順調に成長しているということ、、、

ちなみに日本の国家予算が、約8028億ドル(2015年度)

日本と比べるとやはり全く違うんですね。

 

北朝鮮の軍事費

北朝鮮は、国家予算の15.9%を軍事費として使用しているとのこと。

7500万ドルの15.9%=1192.5万ドルです。

テポドン2改が840億円=約7.6億ドル
ノドンが3.5億円=約320万ドル
ムスダン15億円=約1360万ドル

 

うーん。ノドンまでだったら、年間3発くらいは打てますが、、、

今朝のミサイルは3発発射されたらしいですからね。

やはり隠された予算があるのでしょうか??

核開発の知識や違法な薬などで利益を得ている噂はありますが、、、

どのくらいのミサイル数を撃つ力があるのか知りたかったのですが、簡単ではありませんね。

 

日本の軍事費は国家予算の2.5%とのことなので、2015年で約200億ドルです。

北朝鮮のミサイルから国民を守る費用ですから、有効に使っていただきたいですね。

電磁パルス攻撃についてはこちら

核ミサイル、生物兵器についてはこちら


あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年5月19日

    […] 北朝鮮の国家予算と弾道ミサイルの価格はこちら […]

コメントを残す