10万円前後で買える安くて間違いない「ロードバイク」


ロードバイクが欲しい。でも高い。

街中でたくさん見かけるロードバイク。スイスイ走る姿を見て、いいなーって憧れます。

でもロードバイクって、ママチャリと違って高いんですよね。1万2万の話でなはなく、数十万~数百万の物まで。

お父さん、そんなに自転車にお金かけてられません。それでもロードバイクデビューしたい。って人必見の問題ないレベルで比較的安価なエントリー用ロードを調べました。

ピナレロ
画像:cyclingnews.comより

 

安心できるロードバイクメーカー

誰もが名前を知っているということは、それなりに品質が高く、評価を得ているということ。

だーれも知らないメーカーを選ぶと、見た目はロードの体面を保っていても、実は性能面で問題があったり、後々グレードアップしていくことができなかったりします。

かっこよくて安心のメーカーから、エントリーモデルを1種づつ選んでみました。

※記事内にあるコンポーネントとは、[ブレーキ・クランク・チェーン・ディレイラー・スプロケット]など、ロードバイクのフレームやホイール&タイヤなどのボディ以外のパーツのことを言います。

※コンポーネントを作る会社には、シマノ(日本)やカンパニョーロ(イタリア)などがあります。

ちなみにシマノのグレードは下から、クラリス8速→ソラ9速→ティアグラ10速→105ここから11速→アルテグラ→デュラエースとなります。

105以上でないとブレーキの利きが悪いとの評判です。レースに出るにも105以上ですね。

GIANT

台湾メーカーのジャイアント。質の高さにも定評があって、エントリーモデルも安価で良いものが揃っています。初心者から上級者までの車種も豊富ですよ。

よく見かけるメーカーですよね。

CONTEND1
Giant CONTEND 1
画像:Giantより

エントリーモデルのCONTEND1。下にCONTEND2、上にCONTEND SL2があります。

SHIMANOのSORAを装備するアルミフレームのロードです。価格は95,000円と10万円を切るお値段。写真の色はちょっとなんですが、黒ベースもありますよ。
CONTEND 1
画像:Giantより

 

TREK

アメリカメーカーのトレック。一番よく見るかもです。私が住む東大阪市でさえ店舗があります!ビックリ!近畿大学があるからかなー?価格は98,000円。10万円切りですなー

DOMANE AL3
DOMANE AL3画像:ちばサイクルより

コンポーネントは同じくSORA。フレームはアルミ、フォークはカーボンです。グレー×水色カラーもあるよ。
Domane AL 3
画像:TREKより

 

ANCHOR

日本のメーカーであるアンカー。なんだか安心感がありますね。そして国産って、なんだかチャラチャラしてない感じでいいっすよね。地味目なイメージだけど、もちろん高品質!

RFA3 EX
RFA3
画像:ANCHORより

アルミフレーム、カーボンフォークにコンポはSORA。もはや定番ですね。ちょっと高くなって、105,000円。

赤とグレーもあるよ。
RFA3
RFA3
画像:ANCHORより

 

【送料無料】【特典付】ロードレーサ- 2017年モデル ANCHOR アンカー RFA3 EX レーシングブラック【SORA】

価格:96,390円
(2017/11/15 09:27時点)
感想(0件)

SCOTT

スイスの本部を置くメーカー。弱虫ペダルの今泉くんの愛車メーカーです。あんまり走ってるのは見かけませんが、高品質で安心感ありです。

SPEEDSTER 30
SPEEDSTER 30
画像:SCOTTより

アルミフレーム&カーボンフォーク、コンポはSORAってのは変わりませんが、タイヤの太さが700c×28と、今で紹介したモデルの700c×25より少し太いです。

綺麗で全く凸凹のない道を走るわけではないですし、初心者はパンクしたらお手上げだから、これは親切な仕様ですな。

 

CANNONDALE

アメリカのメーカー。アルミといえばキャノンデール。高品質高性能なアルミロードを作り続けているメーカーです。

なんかストリートなイメージ(勝手なイメージ)があって、トップチューブがホリゾンタルに近いのが好き。(すいません。クロモリが好きなので、、、、)

CAAD OPTIMO SORA
CAAD OPTIMO SORA
画像:CANNONDALEより

スペックは他メーカーと変わりません。価格も105,000円とそれなり。同じ名前でCAAD OPTIMO TIAGRAを選択すると、コンポがティアグラになります。まあ、105以上じゃないとあんまりかわんないよねー。

 

BIANCHI

高級なイメージのイタリアメーカーの中でも比較的安価なビアンキ。そのカラーが有名で、チェレステカラーと呼ばれるブルーがオシャレっす。

VIA NIRONE7
VIA NIRONE7
画像:BIANCHIより

スペックは同様で、アルミフレーム&カーボンフォーク&SORAのコンビです。価格は少し高くて120,000円です。

入門用を意識したのか3カラー用意されてるんですが、チェレステカラーがメインのものがなく残念。そしてマットブラック以外はちょっと、、、、
VIA NIRONE7
VIA NIRONE7

画像:BIANCHIより

 

《在庫あり》【今だけ!特典付き】Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル VIA NIRONE7 PRO SORA (ヴィアニローネ7プロソラ)

価格:110,160円
(2017/11/15 09:26時点)
感想(6件)

たくさんあって悩みますね。スペックはほぼ同じなので、後は自分の好みと乗り心地で決めてみてください!!

 

 


コメントを残す