90年代ムーヴメント「シューゲイザー」を聴く!


90年代の音楽シーン

ビートルズがリアルタイムではない。パンクロックもリアルタイムではなかった。

1990年代に10代の多感な時期を過ごした私が聴いていた音楽は、オルタナティブ。ニルヴァーナ=グランジ。オアシスやブラー。デジタルとロック。ビッグビート。

そんな中で短いながらも後のアーティストに多大な影響をもたらしたムーヴ。それがシューゲイザーだった。ような気がする、、、、

エフェクター
画像:Hello Pop!!より

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインとシューゲイザー

マイブラッディヴァレンタイン
画像:amassより

1991年に発表された「Loveless」は、ギターノイズの波が延々と押し寄せたり引いたり。そんな中に甘いメロディが浮遊している感じの、いかにもな音楽。

足元のエフェクターを見ているためか、内気な性格のためか、足元を見る人の意味をもつ「シューゲイザー」は、当時のギタリストたちのステージ上でのスタイルをあらわしているらしい。

動画:Youtubeより

他にも「ジーザス・アンド・メリー・チェーン」や「ライド」、「スローダイヴ」などなど。あげればキリがないけれど、90年代後半にはオアシス、ブラー率いるブリットポップに飲み込まれてしまった感じだった、、、

シューゲイザー+α

その後、シューゲイザーはオルタナやポストロックなんかに影響を与え、エレクトロニカなんかやテクノにも取り込まれていく。

これを「ニューゲイザー」とか言ったりしたけど、それはどうでもよい、、、

もともとシューゲイザーはノイズミュージックに近い所にいたから、ソニック・ユースやダイナソーJr.、ボアダムスが好きだった私には好印象でしたが、同時期に存在していたカート・コバーンの激情を捨てがたかったな。

動画:Youtubeより

この90年代の影響を取り込んで、レディオヘッドやモグワイ、シガー・ロスなんか飛び越えてった感じだし。

動画:Youtubeより

怒られるかもしれないけど、コールド・プレイやスーパーカーだって、影響受けただろ!これ!って曲多い。

動画:Youtubeより

だいぶポップになりすぎちゃってるけどね。

シューゲイザーのギターをもう少し太くして、メロディをよりポップ。というかネガティブ→ポジティブにして。

ベースをブイブイいわせて、シンセを浮遊させる感じのバンドないかなー??

教えてくれる人、コメントお待ちしています!!

無料&有料のおすすめ音楽配信サービス一覧!!はこちら。


あわせて読みたい

コメントを残す