ハンブルガーSVの20歳!伊藤達哉とは?経歴など


突然の活躍?!期待の20歳!伊藤達哉

ドイツのブンデスリーガは、日本人が海外でサッカーをするには比較的適応しやすいと言われています。

香川をはじめ、長谷部、大迫、原口、酒井高も活躍していますし。酒井宏、岡崎、乾なども活躍していました。

みなJリーグで結果を残した後に移籍していったわけですが、伊藤達哉という選手はJリーグに所属していたのでしょうか?

それとも宮市亮選手のように高校卒業後すぐに海外に挑戦していたのでしょうか?

ハンブルガーSVで活躍するMFについて調べてみました。

伊藤達哉
画像:ゲキサカより

 

 

伊藤達哉選手とは?

伊藤達哉
生年月日:1997年6月26日(20歳)
所属チーム:ハンブルガーSV
身長:167㎝
体重:59㎏

小学生の頃から柏レイソルの下部組織に所属していたそうです。

伊藤選手の転機は2014年に開催された「アル・アインインターナショナルジュニアチャンピオンシップ」でした。
グループリーグでハンブルガーSVと対戦した伊藤選手は、この試合でマン・オブ・ザ・マッチに選出され、チームは準優勝。大会MVPにも選ばれました。

この活躍が目にとまり、翌年にはハンブルガーSVへの入団が決まったそうです。

高校卒業前からの入団となったために、特別に早期卒業の措置が取られたそうです。
チームがいかに彼の才能を評価したかがわかりますね。

 

ハンブルガーSVでの経験

2015~ハンブルガーSVのユースチームで経験を積み、力をつけてきた伊藤選手は、2017-18シーズンではU-23チームでレギュラーの座を掴み、トップチームにも召集されました。

そして、9/25のレバークーゼン戦での途中出場でトップチームデビューを果たし、9/30のブレーメン戦では先発出場も果たしました。


動画:Youtubeより

 

伊藤達哉のプレースタイル

伊藤選手のプレーで一番の特徴として挙げられるのは、俊敏性です。
一瞬のスピードが素晴らしく、短い距離で相手選手を置き去りにしたり、シュートへ持ち込むことができます。

また小さな体ですが、長友選手のようにボディバランスに優れており、相手のチャージにもバランスを崩さずドリブルできます。

さらに日本人選手が良く評価されるように、左右の足を遜色なく使いこなし、トラップやドリブルなどのボールタッチにおける技術も高いものを持っています。乾選手のようですね。

エネルギッシュに走り回るその姿を見るとパワフルで頼もしく感じます。

 

伊藤選手へ注目しているチーム

現在の時点で多数のチームが有望な20歳に注目しており、そのインパクトはドイツだけには留まっていません。

テストマッチで日本を苦しめたブラジル代表のウィリアン選手が所属する「マンチェスター・C」や長友選手所属の「インテル・ミラノ」などの世界でもトップクラスのチームが注目しています。

 

注目していると噂されるチーム:

イングランド
〇マンチェスター・C

イタリア
〇インテル・ミラノ
〇トリノ

ドイツ
〇ライプチィヒ
〇シャルケ
〇フランクフルト
〇ヴォルフスブルク

オランダ
〇PSV

ポルトガル
〇ベンフィカ

オーストリア
〇ザルツブルク

幅広い国からの注目も彼の能力を裏付ける証拠ですね。

また、東京オリンピックを目指す森保監督からも熱視線を送られているらしく、日本代表のユニフォーム姿も見られるかもしれません。

それどころか、ハリル監督にも使ってみてもらいたいですよね。

ハンブルガーSVには日本代表の酒井高選手もいますから、代表への適応もスムーズにいくかもしれません。

伊藤達哉選手のTwitterはこちら

とにかくまだ20歳の若者ですから順調に育って、将来の日本のエースとなってもらいたいですね!!


動画:Youtubeより

 


あわせて読みたい

コメントを残す