サッカー日本代表の大迫勇也選手の「大迫半端ないって!」とは?


大迫選手が活躍したときに言う「半端ない!」って何?

W杯を翌年に控えるサッカー日本代表で、1トップスタメンに定着している大迫選手。その大迫選手にまつわる話で「大迫半端ないって!」というのがあります。

大迫選手が素晴らしいプレーをしたときに使用される、あんまり上品でないこの言葉。一体どこから言われるようになったのでしょうか?

大迫勇也
画像:サッカーダイジェストWebより

 

由来は大迫選手の高校時代

大迫選手の高校は、鹿児島城西高校です。多くのプロサッカー選手を輩出している高校ですが、そんな中でも大迫選手の活躍はすごかったようです。

1年生の時からレギュラーを奪取した大迫選手は、高校入学後すぐにU-16日本代表にも選ばれています。また全国高等学校サッカー選手権大会では、最多得点記録を保持していました。

当然、周囲からも注目を集めていました。

特に有名なのが、後ろからきたボールのトラップする技術です。


動画:Youtubeより

後ろからきたボールを軽くトラップしています。これ、サッカー経験者ならわかると思いますが、簡単なトラップじゃないんですよね。

前へ走りながら(DFに追い抜かれないようにほぼ全力)、後ろから飛んでくるロングボールを見て、力を抜いて足元にコントロールする技術。しかも高校生ですからね。

 

そして、実はこのプレーが「半端な言って!」の語源となるプレーだったのです。

このプレーを語った選手がいました。
それがこれです。

動画:Youtubeより

ベタ褒め?ですね。

第87回全国高校サッカー選手権大会準々決勝にて、大迫選手の鹿児島城西高校と対戦した兵庫県のサッカー名門高校滝川第二高校の主将だった中西選手です。

滝川第二といえば、岡崎選手の母校でもある名門高校。その高校のキャプテンにこうまで言わしめた大迫選手。すごいですね。

中西選手の色の黒さや言葉の選択により、一気に「大迫半端ないって!」が流行しました。

しかし、この言葉には訳がありました。

長年にわたって滝川第二高校を率いてきた黒田監督が退任し、全国大会から遠ざかっていた滝川第二。見返してやろうという気持ちで努力を重ねた結果、この鹿児島城西高校との準々決勝まで来たのでした。

当時の滝川第二にとって、ベスト16は快挙。その夢の続きを大迫選手に打ち破られたわけです。

しかし、見返してやるという強い気持ちを持った滝川第二の選手たちは、ロッカールームで「もう泣かないでおこう!」と話し合ったそうです。

そういったロッカールームの仲間たちの空気を和ませようと考えてでた言葉と、本人の気持ちが入り混じったのが「大迫半端ないって!」という言葉だったのです。

言葉や言い方よりも、中西選手の純粋な仲間への気持ち。大迫選手のプレーへの気持ちがあらわれた言葉だったんですね。

 

W杯でも「半端ない」大迫選手を見せてもらいたいですね。

ちなみに中西選手は、現在銀行員をされてるそうですよ。

 


あわせて読みたい

コメントを残す