漫画『DAYS』十傑の強さランキング+10人目は?


週刊少年マガジン連載の青春サッカー漫画「DAYS」

週刊少年ジャンプの人気が低迷し、マガジンの人気アップとの噂が騒がれています。

マガジンには、「七つの大罪」「ダイヤのA」「はじめの一歩」などの人気漫画があります。

そんな中で、かつて人気だったサッカー漫画『シュート』の後を引き継ぐようなサッカー漫画が「DAYS」です。

今回は、そんな「DAYS」に登場するキャラの中から、Jリーグ入りが決定している十傑ランキング形式で紹介します!

DAYS
画像:days-project.jp

十傑ランキング

 

10位 保科巧巳(ほしなたくみ)

保科巧巳
画像:dayssoccer.wikia.com

東京4強のうちの1つ東院学園のキャプテン。

リスクを冒さず、堅実なプレーでチームをコントロールする司令塔でもある。

2人の兄はJリーガーと大学リーグの得点王である。

ポジション:MF
高校:東院学園3年
背番号:10
身長:177㎝
体重:66㎏
血液型:A型
出身:東京

 

9位 高木マルコ(たかぎまるこ)

高木マルコ
画像:pandaman.red

高校サッカー史上最高のSB。梁山高校での存在は碇屋や加藤に匹敵する。

聖蹟戦では対する水樹を何度も突破&ボール奪取するなど苦しめるが、同時に水樹の成長にも驚愕している。

ポジション:DF
高校:梁山高校3年
背番号:2
身長:188㎝
体重:78㎏

 

8位 相庭未蘭(あいばみらん)

相庭 未蘭
画像:pandaman.red

十傑唯一の高校2年生であり、純粋なストライカーである。

中学3年で一星学園の練習に参加し、当時の3年生を抜いて1人でゴールを決め、「大したことない」と言い放った。

聖蹟戦では、臼井を突破するなどして苦しめた。

ポジション:FW
高校:一星学園2年
背番号:10
血液型:AB型
出身:長崎

 

7位 平源一郎(たいらげんいちろう)

平 源一郎
画像:matome.naver.jp

青函高校のキャプテンであり、ゲームメーカーでもある。卒業後は水樹と同じ鹿島アントラーズへの入団が決定している。

強靭な筋肉と力を持っており、フィジカルでは群を抜いている。

ポジション:MF
高校:青函高校3年
背番号:10

6位 水樹寿人(みずきひさひと)

水樹寿人
画像:Twitter

主人公がいる聖蹟高校のキャプテン。中学時代は陸上部で、聖蹟に入学した際は、サッカー初心者であった。

努力を重ねることで「怪物」とまで言われる選手になり、ポテンシャルが計り知れないと周囲が言うように、まだまだ成長している。

ポジション:FW
高校:聖蹟高校3年
背番号:7
身長:176㎝
体重:66㎏
血液型:B型
出身:東京

5位 犬童かおる(いんどうかおる)

犬童かおる
画像:Days Wikia – Fandom

「DAYS」作者の作品である「振り向くな君は」の主人公の1人である。桜木高校キャプテンであり、献身的なプレーも厭わない現代タイプのファンタジスタ。

全国大会初戦では2アシスト、2ゴールの活躍。2017年12月現在、聖蹟VS梁山が行われている際に、十傑のが率いる青函高校と対戦しているはず。

ポジション:MF
高校:桜木高校3年
背番号:7
身長:185㎝
体重:73㎏
出身:北海道

 

4位 加藤一彦(かとうかずひこ)

全国4150校の頂点に立つ男。常勝梁山高校のキャプテンである。インターハイの最優秀選手であり、U-18日本代表でもある。

グラウンド上のどこにでも顔を出し、試合中走り続ける無尽蔵の体力を持ち、危険なエリアや、チャンスであるスペースには常に出現する。

常に努力を惜しまない、サッカーにかける強い思いを持っている。

ポジション:MF
高校:梁山高校3年
背番号:8
血液型:A型
出身:奈良

 

3位 不明??

2017年12月現在、作中では未だ描かれていない。

常勝とされる梁山高校を聖蹟が破った場合には、ラストでぶつかる可能性の高い相手である。

他の十傑では埋まっていないポジションであるCBである可能性が高い。U-18日本代表の不動のCBという設定であれば、かなりの強敵である。

また聖蹟高校で選手権中にJリーグからのスカウトを受けた臼井との比較も楽しみとなる。

※あくまで予想です。

 

2位 砂山朝一(すなやまあさいち)

砂山朝一
画像:Naverまとめ

インターハイでは梁山高校に次ぐ準優勝を果たした音羽学院のキャプテンにして守護神である。

U-18日本代表でも正GKを務めている。

未だプレーシーンは描かれていないが、インターハイ準優勝の肩書や、年代別代表の正GKであることから実力が窺える。またインターハイ準決勝では犬童率いる桜高を完封した。

ポジション:GK
高校:音羽学院3年

 

1位 碇屋良介(いかりやりょうすけ)

碇屋良介
画像:pandaman.red

日本の至宝と言われる左利きのファンタジスタ
碇屋の左足は『神の左』と呼ばれている。もちろん、U-18日本代表にも選ばれている。

2017年12月現在、聖蹟戦でハットトリックを達成している。

レベルというか、次元の違うところでプレーしている天才。

ポジション:MF
高校:梁山高校
背番号:10
身長:176㎝
体重:64㎏
出身:奈良

 

以上、漫画『DAYS』十傑ランキングでした。

漫画『DAYS』次世代の十傑候補の強さランキングはこちらからどうぞ。

漫画『DAYS』登場キャラクターベストメンバー23人はこちらからどうぞ。

漫画『DAYS』は【ebookjapan】で読めますよ!!
こちらからどうぞ!!




あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. サッカー大好き! より:

    私は、つくしが最後の十傑だと思います!
    最終話は、
    ①全国優勝しました。
    ②つくしや風間が3年生になる。
    ③つくしがスカウトされてプロになる。
    という順番で話が進むと思います。
    (単なる予想です。)

    • 匿名 より:

      それはありませんよ笑笑
      十傑っていうのは、もうプロになると決まっている人たちですから、つくしが最後の十傑になることは100%ありえません。
      つくし達が三年になったら今の十傑はもう誰もいませんしね笑

  2. 匿名 より:

    まだわかってない選手の予測の考えが素晴らしいと思います

  3. 匿名 より:

    砂山が2位は草

  1. 2017年12月6日

    […] 漫画『DAYS』十傑の強さランキング+10人目は?はこちらからどうぞ。 […]

  2. 2017年12月28日

    […] 漫画『DAYS』十傑の強さランキング+10人目は?はこちらからどうぞ。 […]

コメントを残す