北朝鮮の電磁パルス攻撃とは?(人体への影響)(防御法)


北朝鮮のミサイルは核や生物兵器だけではない

朝鮮半島をめぐる深刻な状況が続いています。長距離弾道ミサイルなるものや核の脅威、迎撃ミサイル、日米韓の協力体制、ロシアや中国の動向など、様々な視点から報道が行われています。

情報が遅くて恥ずかしいのですが、そんな報道の中から本日気になるものをみつけました。

【電磁パルス攻撃】です。はたして、この電磁パルスとはなんなのでしょう?

電磁パルス攻撃
画像:ビスくんのフリースタイルライフ – はてなブログ

 

【電磁パルス攻撃とは?】

北朝鮮が核ミサイルを発射し、そのミサイルが高度100㎞~数100㎞の高層大気圏で爆発。

核爆発で発生したガンマ線が大気層の20~40㎞付近の空気分子に衝突し、電子が叩き出され、雷のような巨大な電流が発生します。

さらに強力な電波が、地球磁場の磁力線に沿って螺旋状に跳び、強力な電磁パルス(EMP)が地上を襲います。

大気が希薄なので、ガンマ線はかなりの遠方まで跳びます。発生した電磁パルスの影響範囲は水平距離で100~1000㎞にまで到達します。

影響は、電子機器障害がほとんどで、大量破壊兵器であると同時に非致死性の特徴もあります。

 

【電磁パルス攻撃の影響は?】

電磁パルス攻撃
画像:世界のニュース トトメス5世

電磁パルスはコンピューターなどの電子機器に侵入します。

電圧が高すぎるために、電子機器の集積回路が機能停止に陥り、損壊します。

③同時に大規模な停電も発生します。

※広島や長崎で被爆された方が経験したような熱線衝撃波は、地上まで届かないそうです。

 

【電磁パルス攻撃による被害は?】

電磁パルス攻撃
画像:斜め読みニュース

現代社会を支える電子機器の損壊により、都市機能は麻痺します。

インターネット・ガス・水道・電気・航空機の操縦不能・原子力発電所の制御不能などなど。

③10キロトンの核爆弾(広島の3分の2)で、被害は日本全国に及び、復旧には数年かかると言われています。

④経済的な被害は数百兆円。食糧不足や病気などの被害で死傷者数百万人規模と推定されています。

 

【電磁パルス攻撃の防御法は?】

電磁パルスシールド・キャニスター缶<<【EMPC】

価格:5,184円
(2018/1/9 01:58時点)
感想(0件)

電磁パルス攻撃自体は、アメリカやロシア、中国も保有しているとされています。

韓国や台湾でもインフラや軍隊などの防御対策が進んでいます。

日本の防衛相電子装備研究所によれば、「自衛隊の指揮・統制機能が無力化される恐れがある」とのことで、防御技術の調査を2017年の秋から始めまたところです。

個人的な防御法:電子機器を鉄の箱で覆うと、影響が軽減されるという報告もあります。(ただし電磁パルス攻撃自体がが実行されていないので、その程度軽減できるのかは謎)

※超巨大な雷を防ぐ。と考えればわかりやすいかもしれません。

 

【まとめ】

防災セット ハザードリュック 福島県の被災者考案の「非常用持ち出し袋36点セット」 避難リュック/避難グッズ/避難セット/防災グッズ/防災用品/非常持ち出し袋/女性用(男性にも対応)/家族/

価格:12,960円
(2018/1/9 02:01時点)
感想(1120件)

私を含めて、第二次世界大戦後、平和な日本でしか暮らしたことがない人が国民の多くを占めてきたこともあり、危機感が希薄なことは感じられます。

何も起こらないかもしれないし、起こるかもしれない。

どちらにしろ、生まれてから40年。ここまでの報道は経験したことがないってのは事実ですね。

核ミサイル、生物兵器についてはこちら

北朝鮮の国家予算と弾道ミサイルの価格はこちら


あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年5月19日

    […] 電磁パルス攻撃についてはこちら […]

コメントを残す