カート・コバーン着用ファッション(Tシャツ編)紹介!!


1990年代のグランジファッション

90年代の音楽シーンを代表するグランジ。その生みの親「カート・コバーン」

そのカート・コバーンが身に着けた服装(ファッション)がストリート化したものをグランジファッションと呼びました。

グランジとはグランジーという汚いを意味する俗語が基となっています。

古着を中心としたファッションで、ネルシャツカーディガンダメージジーンズスニーカーなどを組み合わせたものです。

カート・コバーンとは?

アメリカのバンド「ニルヴァーナ」で活躍し、セカンドアルバム「ネヴァーマインド 」 によって、世界的に知られるようになったアーティストです。

カート・コバーンは自ら命を絶ったことで知られており、 1994年、27歳の時に亡くなっています。

カートコバーン
正しさより楽しさへの追求の旅

カート・コバーンのファッション(Tシャツ)

①ダニエル・ジョンストン Tシャツ

アメリカのシンガーソングライターであり、イラストレーターである「ダニエル・ジョンストン」のイラストが描かれたTシャツです。

かわいらしいデザインが特徴的。イラストものを好んで着用したカート・コバーンらしいTシャツです。

② サウンドマガジン Tシャツ

イギリスのロック・ポップ雑誌「SOUNDS MAGAZIN」のロゴが入ったTシャツ。カート・コバーン着用は長袖モデルです。

ポップなイラスト&ロゴが映える古着らしいデザインです。

③グランジ イズ デッド Tシャツ

グランジ人気絶頂期に着用した「 グランジは死んだ ( grunge is dead )」Tシャツ。ミュージックビデオの撮影現場にも着用してきたと言われています。

写真の赤ちゃんは、奥様コートニー・ラブとの間に生まれた娘フランシスです。

まとめ

今回はグランジ カート・コバーンの服装(ファッション) Tシャツ編を紹介しました。

次はサングラスやデニム、スニーカーなども紹介していきたいと思っています!!


あわせて読みたい

コメントを残す