カート・コバーン(ニルヴァーナ)の遺書とその疑惑を知る part.1


1994年に旅立ったカート・コバーンの遺書とは?

90年代の音楽シーンを牽引したグランジの生みの親。

カート・コバーンは、1994年4月に自ら命を絶ったことで知られています。

90年代に多感な時期を過ごした筆者にとっても、憧れの存在であり、神様的存在だったカートの遺書を改めて、じっくり読んでみたいと思います。

そして、できれば、その遺書に関わる疑惑についても知りたいのです。

カートコバーン

正しさより楽しさへの追求の旅

遺書の全文

カートコバーン遺書

パラリウム

以下、日本語訳

To Boddah
(ブッダへ)

Speaking from the tongue of an experienced simpleton who obviously would rather be an emasculated, infantile complain-ee. This note should be pretty easy to understand.
(これは、弱く、幼稚でバカが言う言葉だ。だから、簡単に理解できるだろう。)

All the warnings from the punk rock 101 courses over the years, since my first introduction to the, shall we say, the ethics involved with independence and the embracement of your community has proven to be very true.
独立とコミュニティの受け入れにからむ、まあ言ってみるなら、倫理みたいなものについての手ほどきを初めて受けてから、長い間パンクロック101コースから警告されてきたことは、結局すべて真実だったということだ。

I haven’t felt the excitement of listening to as well as creating music along with reading and writing for too many years now. I feel guilty beyond words about these things.
もう長いこと、音楽を聴いたり、作ったり、書いたりすることに情熱を感じることができなくなってしまっている。)

or example when we’re backstage and the lights go out and the manic roar of the crowd begins, it doesn’t affect me the way in which it did for Freddy Mercury, who seem to love, relish in the love and adoration from the crowd, which is something I totally admire and envy.
例えば、ステージの裏にいるとき、客席のライトが落ちて、ファンの熱狂的な歓声がしても、それは、フレディ・マーキュリーに与えみたいな影響を自分には与えない。フレディ・マーキュリーは、ファンから崇拝されることを愛しているようだったし、楽しんでいるように見えた。それを、羨ましく思うし、尊敬する。)

The fact is, I can’t fool you, any one of you.
自分は誰1人もだますことができない。)

It simply isn’t fair to you or me. 
それは、自分にも相手にもフェアじゃないんだ。

The worst crime I can think of would be to rip people off by faking it and pretending as if I’m having 100% fun. 
自分が思う最大の罪は、まるで100%楽しんでいるようなふりをして偽り、他人をはぐらかすことだ。

Sometimes I feel as if I should have a punch-in time clock before I walk out on stage.
ステージに上がる時にタイムカードを押すような気分になる時がある。)

I’ve tried everything within my power to appreciate it (and I do, God believe me I do, but it’s not enough).
自分にある力の全てを持って、感謝しようとしたし、実際に感謝している。本当に。でもそれではダメなんだ。)

 I appreciate the fact that I and we have affected and entertained a lot of people.
たくさんの人に影響を与えて、楽しませることができたという事実に感謝している。)

I must be one of those narcissists who only appreciate things when they’re gone.
自分は、誰も居なくなった時にしか感謝できないようなナルシストの1人に違いない。)

I’m too sensitive.
繊細すぎるんだ。)

I need to be slightly numb in order to regain the enthusiasm I once had as a child.
子供の頃に感じていた情熱を取り戻すには、多少鈍感になることが必要なんだ。)

On our last 3 tours, I’ve had a much better appreciation for all the people I’ve known personally and as fans of our music, but I still can’t get over the frustration, the guilt and empathy I have for everyone.
最後の3回のツアーで、知り合いのみんなや自分たちの音楽のファンに、とても感謝することができた。けれど、失望感や罪の意識、人への感情移入から抜け出すことはできなかった。)

There’s good in all of us and I think I simply love people too much, so much that it makes me feel too fucking sad.
すばらしい人ばかりだと思うし、自分はただただ人間を愛しすぎてしまうんじゃないかと思う。悲しいけど、愛しすぎてしまうんだ。)

The sad little sensitive, unappreciative, Pisces, Jesus man.
ちょっと繊細で、恩知らずで、、、まったく魚座ってやつは、、、)

Why don’t you just enjoy it?
ただそれを楽しむことが、なぜできないんだ、、、)

I don’t know! I have a goddess of a wife who sweats ambition and empathy and a daughter who reminds me too much of what I used to be, full of love and joy, kissing every person she meets because everyone is good and will do her no harm.
自分には、コートーニーという夢と共感を勝ち取った女神がいて、昔を思い出させてくれる愛と喜びに満ちた娘がいる。)

And that terrifies me to the point where I can barely function. I can’t stand the thought of Frances becoming the miserable, self-destructive, death rocker that I’ve become.
そして、それがどうしようもないくらい自分を怯えさせるんだ。フランシスが、自分のように不幸で自暴自棄な最悪のロッカーになることは耐えられない。)

 I have it good, very good, and I’m grateful, but since the age of seven, I’ve become hateful towards all humans in general.
本当にとても幸せだ。喜びに溢れている。けど、7才のときから人というものに憎しみを抱くようになってしまった。 )

Only because it seems so easy for people to get along and have empathy.Only because I love and feel sorry for people too much I guess.
人と共感しあって、うまく付き合っていくことは、あまりにも簡単なことに見えただけで。

Thank you all from the pit of my burning, nauseous stomach for your letters and concern during the past years.
ここ数年みんなからの手紙や気遣いに、焼け付くようにムカムカとする腹の底からありがとうと言いたい。)

 I’m too much of an erratic, moody, baby! I don’t have the passion anymore, and so remember, it’s better to burn out then to fade away.
あまりに気分やすぎる。情熱を感じられないんだ。だから覚えていてほしい。少しずつ消えていくよりも燃え尽きたほうがいい。)

Peace, Love, Empathy. Kurt Cobain.
平和への願い、愛、共感を込めて。カート・コバーン)

Frances and Courtney, I’ll be at your altar
Please keep going Courtney, for Frances.
フランシス、コートーニー。オレは祭壇に居る。コートーニー、フランシスを頼む。)

for her life will be so much happier without me.
オレが居ないほうが、はるかに幸せになれるだろうフランシスの人生のために。)

I LOVE YOU. I LOVE YOU
愛してる。愛しているよ。)

ソークト・イン・ブリーチ ~カート・コバーン 死の疑惑~ [ トム・グラント ]

価格:3,790円
(2018/9/29 05:48時点)
感想(0件)

Part.2へ続く。(近日公開予定)

カート・コバーン(ニルヴァーナ)についての疑惑 ソークト・イン・ブリーチ part.2はこちら。

「ニルヴァーナ」カート・コバーンが愛用したフェンダージャガーの仕様はこちら。

無料&有料のおすすめ音楽配信サービス一覧!!はこちら。


あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2018年9月29日

    […] カート・コバーン(ニルヴァーナ)の遺書とその疑惑を知る part.1はこちら。 […]

  2. 2019年3月1日

    […] カート・コバーン(ニルヴァーナ)の遺書とその疑惑を知る part.1はこちら […]

コメントを残す